登場人物CAST&STAFF

  • 松浦いと/井上真央

    三人の子を持つ女仲仕松浦いと/井上真央

    1987年1月9日生まれ、神奈川県出身。
    映画『八日目の蟬』(11)で、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ数々の賞を受賞。『白ゆき姫殺人事件』(14)、『焼肉ドラゴン』(18)、『カツベン!』(19)、『一度も撃ってません』(20)、『閉じ込めた吐息』(公開予定)、テレビドラマ「花より男子」シリーズ(TBS)、連続テレビ小説「おひさま」(11/NHK)、大河ドラマ「花燃ゆ」(15/NHK)、「明日の約束」(17/KTV)、「乱反射」(18/NBN)、NHK 土曜ドラマ「少年寅次郎」(19/NHK)にて主演。

  • 松浦タキ/夏木マリ

    いとの姑松浦タキ/夏木マリ

    東京都出身。
    1973年歌手デビュー。1980年代より演劇へも活動の幅を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞、ゴールデンアロー賞演劇賞、日本アカデミー賞優秀助演女優賞などを受賞。主な映画出演作に『鬼龍院花子の生涯』(82)、『里見八犬伝』(83)、『男はつらいよ』(90)、『千と千尋の神隠し』(01)、『ピンポン』(02)、『さくらん』(07)、『パーマネント野ばら』(10)、『陽だまりの彼女』(13)、『モアナと伝説の海』(17)、『生きる街』(18)など。

  • 清んさのおばば/室井 滋

    おかかたちのリーダー清んさのおばば/
    室井 滋

    富山県出身。
    1981年に映画『風の歌を聴け』でデビュー。映画『居酒屋ゆうれい』(94)、『のど自慢』(99)、『OUT』(02)、『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』(09)などで数多くの映画賞を受賞。主な映画出演作に『人間失格』(10)、『たとえば檸檬』(12)、『小さいおうち』、『いのちのコール〜ミセスインガを知っていますか〜』(14)、『人生の約束』(16)、『デイアンドナイト』(19)など。また、ディズニー映画「ファインディング・ニモ」(03)、「ファインディング・ドリー」(16)日本語版のドリーの吹替えを担当。その他、数々のナレーションやエッセイ、絵本など著書も多数発表するなどマルチな才能を発揮している。

  • 水野トキ/鈴木砂羽

    夫が仲仕の親分水野トキ/
    鈴木砂羽

    1972年9月20日生まれ、静岡県出身。
    1994年に『愛の新世界』で映画デビュー。主な映画出演作に『劔岳 点の記』(09)、『毎日かあさん』(11)、『夢売るふたり』(12)、『俺物語!! 』(15)、『土竜の唄 香港狂騒曲』(16)、『探偵はBARにいる3』(17)など。

  • 小川サチ/舞羽美海

    七歳の子を持つシングル
    マザー
    小川サチ/
    舞羽美海

    1987年8月22日生まれ、兵庫県出身。
    2007年宝塚歌劇団に入団し、「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台。2011年に雪組トップ娘役を務め、2012年退団。主な映画出演作に『マザー』、『超高速!参勤交代 』(14)など。

  • 鷲田とみ/左 時枝

    鷲田商店の女将鷲田とみ/
    左 時枝

    1947年3月27日生まれ、富山県出身。
    1958年に映画『荷車の歌』でデビュー。主な映画出演作に、『夢千代日記』(85)、『美しい夏キリシマ』(02)、『理由』(04)、『野のなななのか』(14)、『サバイバルファミリー』(17)、『愛しのアイリーン』(18)、『瞽女 GOZE』(20)など。

  • きみ/柴田理恵

    鷲田商店の女将きみ/
    柴田理恵

    1959年1月14日生まれ、富山県出身。
    劇団東京ヴォードビルショーを経て1984年にWAHAHA本舗設立。2016年6月には出身地である富山市特別副市長に就任。主な映画出演作に『化粧師 KEWAISHI』(02)、『その日のまえに』(08)、『ほしのふるまち』(11)、『来る』(18)など。公開待機作として『老後の資金がありません!』(21年公開予定)がある。

  • 沢辺フジ/冨樫 真

    清んさのおばばの腰巾着沢辺フジ/
    冨樫 真

    1973年6月5日生まれ、宮城県出身。
    97年に黒沢清監督作『CURE キュア』で映画初出演。主な映画出演作に『犬、走るDOG RACE』(98)、『狗神INUGAMI』(01)『マブイの旅』(02)、『凍える鏡』(08)、『恋の罪』(11)、『蝉の女 愛に溺れて』(12)、『Miss ZOMBIE』(13)、『WALKING MAN』(19)、『踊ってミタ』、『瞽女GOZE』(20)など。

  • 池田雪/工藤 遥

    池田模範堂・私塾の先生池田雪/
    工藤 遥

    1999年10月27日生まれ、埼玉県出身。
    2017年モーニング娘。を卒業。以降は女優として活動し、『のぼる小寺さん』(20)で映画初主演を務める。公開待機作に『461個のおべんとう』(11/6公開)、『樹海村』(21年公開予定)がある。

  • ヒサ/吉本実憂

    源蔵の妾ヒサ/
    吉本実憂

    1996年12月28日生まれ、福岡県出身。
    第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリ。2014年に「獣医さん、事件ですよ」(YTV)で女優デビュー。主な映画出演作に『ゆめはるか』(14)、『罪の余白』(15)、『レディ in ホワイト』(18)、『透子のセカイ』、『瞽女GOZE』(20)など。

  • 松浦利夫/三浦貴大

    いとの夫松浦利夫/
    三浦貴大

    1985年11月10日生まれ、東京都出身。
    2010年、映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビュー。同作で第34回日本アカデミー賞新人俳優賞および第35回報知映画賞新人賞を受賞。主な映画出演作に『サムライフ』、『進撃の巨人』シリーズ、『ローリング』(15)、『怒り』(16)、『四月の永い夢』、『栞』(18)、『ダンスウィズミー』、『ゴーストマスター』(19)、『初恋』、『実りゆく』(20)など。公開待機作として『大綱引きの恋』(21年公開予定)がある。

  • 尾上公作/立川志の輔

    富山日報の記者尾上公作/
    立川志の輔

    1954年2月15日生まれ、富山県出身。
    劇団所属の後、広告代理店勤務を経て83年に立川談志門下に入門。 90年にとやま賞芸術文化部門受賞、 07年に第58回文化庁芸術選奨文部科学大臣賞大衆演芸部門を受賞し、 15年には紫綬褒章を受章。18年には出身地である富山県から、初代受賞者として「県ふるさと貢献大賞」を授与された。 同年4月富山国際大学の客員教授に就任。 主な映画出演作に『ねことじいちゃん』(19)、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(11)、『人生の約束』(16)など。

  • 水野源蔵/吹越 満

    仲仕の親分・トキの夫水野源蔵/
    吹越 満

    1965年2月17日生まれ、青森県出身。
    ソロパフォーマーとしても活躍後、数々の舞台、映画、ドラマに出演。主な映画出演作に『つぐみ』(90)、『たそがれ清兵衛』(09)、『冷たい熱帯魚』(11)、『友だちのパパが好き』(15)、『モリのいる場所』(18)、『よこがお』(19)など。

  • 鳥井鈴太郎/木下ほうか

    大阪新報社のデスク鳥井鈴太郎/
    木下ほうか

    1964年1月24日生まれ、大阪府出身。
    1981年『ガキ帝国』で俳優デビュー。近年の出演作は『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(17)、『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』(18)、『嘘八百 京町ロワイヤル』、『事故物件 恐い間取り』(20)など。また、大河ドラマ「麒麟がくる」(20/NHK)、「アライブ がん専門医のカルテ」(20/CX)や「ぶらり途中下車の旅」(NTV)なども。そして「ほうか道」というアカウントでYouTuberデビューした。

  • 活動家/西村まさ彦

    活動家/
    西村まさ彦

    1960年12月12日生まれ、富山県出身。
    1997年公開の『マルタイの女』、『ラヂオの時間』で数多くの映画賞を受賞。主な映画出演作に『のぼうの城』(12)、『超高速!参勤交代』シリーズ(14・16)、『家族はつらいよ』シリーズ(16〜18)、『引っ越し大名!』、『決算!忠臣蔵』(19)など。

  • 一ノ瀬実/中尾暢樹

    大阪新報社の若手記者一ノ瀬実/
    中尾暢樹

    1996年11月27日、埼玉県出身。
    2016年に「動物戦隊ジュウオウジャー」(EX)で主演に抜てきされ本格的に俳優デビュー。主な映画出演作に『劇場版動物戦隊ジュウオウジャードキドキサーカスパニック!』(16)、『一礼して、キス』(17)、『チア男子!!』、『殺さない彼と死なない彼女』(19)、『シグナル100』(20)など。

  • 熊澤剛史/内浦純一

    警察署長熊澤剛史/
    内浦純一

    1975年4月7日生まれ、富山県出身。
    1998年「無名塾」に入塾(22期生)。卒業後は地元での活動にも力を入れており、TV「ゆるゆる富山遺産」や「日穏-bion-」に参加し東京の他に富山公演も行っている。テレビや舞台など多方面で活躍している。主な映画出演作に『陽はまた昇る』(02)、『クライマーズ・ハイ』(08)、『おかえり、はやぶさ』(12)、『超高速!参勤交代 リターンズ』(16)など。

  • 黒岩仙太郎/石橋蓮司

    大地主・街の権力者黒岩仙太郎/
    石橋蓮司

    1941年8月9日生まれ、東京都出身。
    「劇団第七病棟」主宰。『ふろたき大将』(54)で映画デビューし、『浪人街 RONINGAI』、『われに撃つ用意あり READY TO SHOOT』(90)などで数多くの映画賞を受賞。主な映画出演作に『ゲルマニウムの夜』(05)、『今度は愛妻家』、『アウトレイジ』(10)、『四十九日のレシピ』(13)、『超高速!参勤交代』シリーズ(14・16)、『孤狼の血』(18)、『キングダム』(19)、『一度も撃ってません』(20)など。

監督:本木克英

監督:本木克英

1963年12月6日生まれ、富山県出身。
早稲田大学政治経済学部卒業後、松竹に助監督入社。森﨑東、木下惠介、勅使河原宏などの監督に師事し、米国留学、プロデューサーを経て、98年『てなもんや商社』で監督デビュー。第18回藤本賞新人賞を受賞。『超高速!参勤交代』(14)でブルーリボン賞作品賞、日本アカデミー賞優秀監督賞など受賞。『空飛ぶタイヤ』(18)で第42回日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。主な作品は、『釣りバカ日誌』シリーズ11~13(00~02)、『ゲゲゲの鬼太郎』(07)、『犬と私の10の約束』(08)、『鴨川ホルモー』(09)、『おかえり、はやぶさ』(12)、『すべては君に逢えたから』(13)、『映画 少年たち』、『居眠り磐音』(19)など。

  • 脚本:谷本佳織

    兵庫県出身。
    Los Angeles City Collegeにて映画制作を学び、帰国後は東映芸術職研修生の助監督として映画やTVドラマ、教育映画など数々の現場に携わる。2012年に短編映画『あかり』(脚本/監督)を完成。2017年度京都映画企画市で時代劇企画『冬牡丹と人魚』(監督)が優秀賞を受賞。2018年、初長編監督作『花は咲くか』が公開。その他脚本作に『JK☆ROCK』(19)がある。

  • 音楽:田中拓人

    札幌市出身。
    筑波大学人間学類心理学専攻卒業。 作曲家・ピアニスト・音楽プロデューサー。 三枝成彰事務所にて音楽制作プロジェクトに参加した後、現在は映画、ドラマ、CM音楽を中心に、アーティスト曲のプロデュース、アレンジワークも手がける。主な劇伴作品に、『オカンの嫁入り』(10)、『WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦』(11)、『そこのみにて光輝く』、『太陽の坐る場所』(14)、『きみはいい子』(15)、『無伴奏』、『オーバー・フェンス』、『種まく旅人 夢のつぎ木』(16)、『STAR SAND -星砂物語-』、『幼な子われらに生まれ』(17)、『スティルライフオブメモリーズ』(18)、『盆唄』(19)、『Red』(20)など。『フィッシュストーリー』(09)では劇中パンクバンドの作曲や演奏指導を担当。

主題歌「愛を米て」:米米CLUB

主題歌「愛を米て」:米米CLUB

1982年結成。1985年10月21日CBSソニーレコードより、シングル「I・CAN・BE」とアルバム「シャリ・シャリズム」でメジャー・デビュー。その後、唯一無二のエンターテインメント・バンドとして、コンサート活動と様々なプロダクツのリリースを積極的に繰り広げていく。1992年シングル「君がいるだけで」がダブルミリオンの大ヒット。同年の日本レコード大賞も受賞。'97年に一度解散するが、'06年再始動。2020年10月21日にデビュー35周年を迎え、積極的に活動を続けている。
映画『大コメ騒動』では主題歌「愛を米て」(2021年1月6日CDリリース/Sony Music Records)を書き下ろした。